お客様の声

導入事例 明治安田生命保険相互会社様

「絶対成功させる!」という強い思いを持ちユーザー視点でわかりやすいアドバイスをくれる点を評価!

明治安田生命相互会社 法人営業企画部 法人募集資料管理グループ グループマネジャー 神原様

■明治安田生命保険相互会社様のご紹介

明治安田生命保険相互会社様は、大手生命保険会社としての知名度もさることながら、特に団体保険につきましては、お客様である企業・団体1社1社に対する質の高い親身な対応が評価され、多くの企業・団体に支持されている点も特徴のひとつです。

ユーザー視点と、担当者の視点の間に立った、第三者的な見方

■ABIとのお付き合いのきっかけ
----まず初めにABIとお付き合いすることになったきっかけと当時の課題を教えていただけますか?

団体保険のパンフレット作成システムの開発プロジェクトがきっかけでした。
団体保険とは企業・団体様が福利厚生制度として、その企業の従業員の方々に提供する生命保険です。
その団体保険の特徴のひとつに、個人で加入する生命保険とは違い、団体様にご提供するパンフレットや申込書が、それぞれの団体様によって異なることがあげられます。
そのため、当社では団体様毎にオーダーメイドでパンフレット等を作成する必要があります。団体様毎に異なる作成パターンに対応するよう、当社の営業担当者が印刷会社と連携し印刷原稿を仕上げていきます。
すなわち印刷までの工程に人の手が加わるため、誤植等のミスが発生するリスクがあるだけでなく、営業担当者にも非常に手間がかかるという課題がありました。
これらの課題を解消するために、このプロジェクトを開始したという経緯があります。

また、このプロジェクトでは単にパンフレットを機械作成することに留まらず、お客様にとって必要な情報を網羅しつつ、より「見やすい」パンレットに改善することにも挑戦しました。
団体保険の場合は、企業内で個々人に配付されたパンフレットを従業員様がご自身でお読みになってご加入いただくため、必要な情報を全て網羅しているのはもちろんのこと、パンフレット自体が「わかりやすく」、「見やすい」ものでなければなりません。
この点については、行間のスペースや全体の構成、レイアウト等を見直し、それらの複雑な組合せのルール設定がシステム化されることで、担当者による属人性を払拭する効果を狙いました。

■このプロジェクトにおいて難しかった点と、ABI がいることで解消されたことはありますか?
まず、「わかりやすさ」という抽象的で、主観的なものをシステム化するという点が非常に難しかった点でした。

この辺りでABIさんの影響が大きくなってくるのですが、「こういう工程割だとシステム的には非効率ですね」「改定時等メンテナンスしやすくするために、工程を分離する必要がありますね」などと、ユーザー側だけでは気付かない視点で意見を出してくれました。
また、もうひとつ難しかった点として、システムルールを簡略化し過ぎれば、システムでカバーできる範囲が狭くなり根本課題が解消できない。一方、システムでの縛りを固めすぎると1社1 社に対するカスタマイズの自由が効かなくなるという点がありました。
団体様の意向に沿ったパンフレット等をご提供することが当社の強みでもあり、お客様からも支持いただけている点なので、システム化することと自由度を持たせることのバランスが非常に難しい部分でした。
技術的に、この矛盾を如何に解消するか?ここでもABIさんに助けていただきました。システム化とカスタマイズという、相反する課題を、どのように要件定義すれば、開発側に伝えられるのか?開発側はどのように外部・内部設計をすればそれが実現できるのかを、それぞれの立場に立って熱心にアドバイスをしてくれました。

メンバーの一員として、一緒に取り組んでくれる

■プロジェクト後のパンフレットを見たユーザー様からの反応はどうでしたか?
とても評判が良く、「わかりやすい」という意見をたくさんいただけるようになりました。団体様だけでなく、当社の営業担当者からも業務負荷の軽減が評価されており、当初の目論見どおりの開発ができたと思います。

■ABIに対して、どのように評価をされていますか?
「このプロジェクトを絶対に成功させるんだ」という、強い想いを持って関わってくれていると感じます。
当初は、システムの開発開始までの契約だったのですが、その後も違った形でプロジェクト完成まで、そして今も関わり続けてくれており、そこも信頼が深まったポイントです。
また、当社のことをよく知ってくれていると感じます。当社のニーズや課題を受け入れるだけでなく、PMとして、レポーティングや工程管理を進めつつ、我々のメンバーの一員として、一緒に取り組んでくれています。課題や、思い悩んでいることに対して、「どうすればそれを解決できるか」ということを、とても親身になって考えてくれます。

Face to Faceで会話する中で、その人のパーソナリティが見られる

■ABIに対する現在の満足度と、これからの期待。
----最後に、現在の満足度と、これからABI に期待することを教えていただけますか?

本当によくやっていただいていると思います。
今まで、ABIさんのいろいろな方に関わっていただきましたが、Face to Faceで会話する中で、その人のパーソナリティが見られる人間味のある活動を一緒にできたことが本当に良かったですね。
私が思うシステム会社の多くは、定められた工程を着実に対応する一方で、ユーザー側とは時に利害で相対することも多く、担当者の顔は見えていても、そこに人間味を求めることはなかったように思います。

これまでもABIさんはお客様のニーズ・状況に応じた適材適所の人材をアサインされてきたと思いますが、今後ABIさんの事業がさらに拡大・成長されても、そのような人間味のある、温かい会社であり続けて欲しいですね。あまたある同業社では日々刻々と進化するシステム技術にしのぎを削る日々だと思いますが、「技術力」と「温かみ」というハードとソフトを兼ね備えたところがABIさんの強さだと思います。
私たちも、「是非、何かあったらまた声を掛けます」となりますね。

----どうもありがとうございました!

システム開発で苦しんでいる情報システム責任者、プロジェクト責任者、開発責任者の方へ

システム開発 プロジェクトマネジメント 火消しプロジェクト.com

不明な点やご質問などもお気軽にどうぞ!

0120-119-426 フリーダイヤル 119番 よい プロマネ

受付時間:月曜日~金曜日 (10時~18時)

メールでの問い合わせはコチラ
翌営業日までにご返信いたします!

電話受付スタッフ